読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東高橋会年末総会

高橋美佳子

関東高橋会の年末総会に参加しました。

 

昼の部出演

高橋美佳子

井口裕香

瀬戸麻沙美

高橋未奈美

 

夜の部出演

高橋美佳子

井口裕香

瀬戸麻沙美

高橋未奈美(ビデオメッセージのみ)

日高里菜(ビデオメッセージのみ)

 

 

関東高橋会とは?

声優・高橋美佳子さんを中心とした飲み仲間のあつまりです。命名については諸説ありますが、井口裕香さんのラジオで関東高橋会という言葉が出てきたというのが有力とされています。

関東高橋会のメンバーは、高橋美佳子(会長)、井口裕香瀬戸麻沙美高橋未奈美早見沙織日笠陽子、若手から中堅まで、名のある声優さんが集まったグループです。

単なる飲み会ですから、特にラジオ番組があるわけでもないのに、急にイベントをやることになりました。

 

年末総会とは?

「関東高橋会 年末総会」というタイトルですが、、昼の部では少し遅いクリスマスパーティ、夜の部では少し早い新年会と題して、出演者がトークをしたり、ゲームをしたり、カラオケをしたりと、普段の飲み会をステージの上でやってしまうイベントでした。

ステージ上には美佳子さんの部屋という設定で、昼の部はクリスマスの飾りつけ、夜の部では門松や鏡餅など新年の飾りつけがされていました。

 

イベント内容

美佳子さんが一人で登場し、そこに美佳子さんを訪ねてきたゲストさんが入ってきます。

飲み会の設定なので、まず初めは乾杯。イベントなのでノンアルコールでした。

 

イベントの流れとしては、

・フリートーク

・ゲームコーナー

・カラオケ

・プレゼント抽選会

・最後の余興

となっています。

 

フリートーク

昼の部ではクリスマス会ということで、出演者みんなでプレゼント交換会。醤油たくさん、入浴剤いっぱい、などすこしふざけたプレゼント。

その後サプライズで、高橋未奈美さんに誕生日プレゼントを渡しました。先ほどのプレゼントとは違い、かなりまじめなプレゼントでした。

 

夜の部では、高橋未奈美さんと、日高里菜さんからのビデオメッセージがありました。

 

クイズ

昼の部は、メンバーに関するクイズ、ジェスチャークイズ。

それぞれ、美佳子さん、高橋未奈美さんが優勝。ジェスチャークイズは井口さんの希望で行ったのですが、本人は「私が想像していたのと違う」と不満そうでした。

 

夜の部は、美佳子さんと答えを合わせるクイズ、古今東西羽根つき。

クイズは出されたお題に対して、美佳子さんがどう答えるかを予想して、残りの二人が回答します。

しかし全く回答が合いません。サービス問題「美佳子さんが好きなハムは?」に対しても、井口さんと瀬戸さんはハムの種類を答えてしまい不正解(正解は日本ハムファイターズ

最終問題で、なんとか井口さんが1ポイント獲得して井口さんの優勝。

古今東西では回答しながら羽根つきをします。3人の総当たり戦でしたが、井口さんの圧倒的な弱さにより、瀬戸さんが優勝。

 

カラオケ

飲み会が盛り上り、そろそろ歌いたくなってきたな~ということでカラオケコーナーになりました。美佳子さんの音楽ユニットBBで編曲を担当している森空青さんが登場し、ギターの生演奏でカラオケ。

 

昼の部セットリスト

高橋未奈美 スノースマイル

瀬戸麻沙美 カントリーロード

高橋美佳子 まるごとぴーなっつ

井口裕香高橋美佳子 愛忠誠心

 

夜の部セットリスト

瀬戸麻沙美 少女A

井口裕香 サクラサク

高橋美佳子 オトメロディー

井口裕香高橋美佳子 YOU‼!

 

プレゼント抽選会

サイン入りのイベントグッズ、出演者からのプレゼントなど。

町屋の公録と同じ雰囲気で、座席番号の書かれたくじを引いて当選者を決めます。

かなり近い席の人が当選したのですが、私は当たりませんでした・・・

 

最後に余興

氣志團One Night Carnival」のパラパラを踊ってイベントは終了。

なぜ最後にこの曲なのか?なぜ踊ったのかは不明です。

 

 

私の2016年イベント納めでした。

「関東高橋会」という名前が独り歩きして、どんなイベントになるのか全く予想ができない状態でしたが、いつも通りの美佳子さんでした。

他の出演者も普段から仲良くしている人たちばかりなので、イベント中はとても良い雰囲気でした。

カラオケでは、井口裕香さんの「YOU!!!」を作曲者と一緒に歌うという貴重なものが見れたし、瀬戸さんの歌が素晴らしかったです。

 

 

年末の忙しい時に、女性声優のだらだらとしたトークを楽しむのはある意味贅沢かもしれません。ぜひ来年も年末に「関東高橋会」のイベントをやって欲しい。

中途半端にラジオ番組を始めたりはせずにイベント一本で展開していくのが良いんじゃないかと私は思います。